売買 > 検索 中古マンション 北九州市小倉南区

小倉南区の中古マンション

小倉南区の中古マンション

昔ながらの住宅街が多い小倉南区。マンション取引はモノレール沿線が主に盛んです。区内にはJR日田彦山線、日豊本線が走っており、区内で過去に分譲されたマンションの多くが最寄り駅から徒歩15分圏内にあります。道路網も発達しており利便性の高いエリアであることからマンションの分譲は1970年代からあり、どの年代もコンスタントに新規分譲マンションが出ているエリアです。中古マンション取引の中で最も流通量の多い広さは70~90㎡で、一般的な広さのファミリータイプ。このタイプは築年数に関わらず人気が高く、中古マンション市場全体の5割以上を占めています。90㎡以上の比較的専有面積の広い物件は2000年以降に集中しています。また、築浅の100㎡以上のプレミアム住戸の取引が増えて来ており、戸建てと同レベルの広さのある物件に一定のニーズがあることがわかります。高級住宅地から利便性の高い住宅街、商業地域など街の表情がエリアによってさまざまであること、築年数に関わらず取引が盛んであること、ファミリータイプからプレミアム住戸まで幅広いタイプの住戸が取引されていることなどから、他の区と比較すると取引価格帯は比較的分散しています。小倉南区のマンション価格相場(集合住宅・共同住宅)は、18.0万円/㎡(坪単価59.6万円/坪)です。このデータは、中古マンション約340件の取引事例より算出しており、標準的なマンションの価格がいくらかを示しています。平均築年数は21.7年、平均駅までの距離8.2分、平均専有面積70.2㎡となります。

条件があいませんでした。

前のページにもどる