売買 > 検索 新築戸建 中間市

中間市の新築戸建

中間市の新築戸建

第39回ユネスコ世界遺産委員会において、日本政府が推薦した「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」が世界遺産に登録されました。その「明治日本の産業革命遺産」のうち、製鉄・製鋼分野の構成資産の一つが、中間市に所在する「遠賀川水源地ポンプ室」です。-中間市HP 新築建売業者が、元々1区画の古い建物付き土地を購入し、解体更地にしてからに分割して売却するケースが増えて来ました。土地の敷地面積は、130~150平米で分割されることがありますが、第一種低層住居専用地域のルールとして、最低敷地面積160平米とあるため、比較的広めの新築戸建てが売りに出されているケースも目立ってきました。隣接地との距離も確保されており総額で2000万円前後と比較的安価に購入できるとあり、北九州市から転居する市民も増えています。土地の単価は、坪10万円前後で取引されています。新築戸建ての特徴は、ローコストで賃貸家賃並みの支払いでマイホームが持てるというこでしょう。ますます、持ち家率が高くなると予想されています。

条件があいませんでした。

前のページにもどる