売買 > 検索 新築戸建 北九州市若松区

若松区の新築戸建

若松区の新築戸建

若松区は北九州市の北西部に位置しており、洞海湾と響灘に囲まれています。若松北海岸は玄海国定公園に含まれ、露出した岩礁の眺望が有名です。洞海湾を挟んで戸畑区と隣接しており渡船が唯一の交通手段であったが、1962年に若戸大橋が開通し戸畑区と小倉方面からの往来が飛躍的に改善しました。後、2012年に若戸トンネルが物流ルート確保のため開通しました。若松区の新築戸建ては、丘陵地を避けた平坦地に多く、土地面積は130平米~150平米の建売物件が良く売却されています。建物面積は、90平米~110平米と戸建てとしては比較的小さく、4LDKで一階にLDKと和室があり二階に3部屋の洋室というモデルが主流です。約80坪程度の敷地を分割した建売物件が多くみられます。

条件があいませんでした。

前のページにもどる