北九州の不動産売却・査定 | 株式会社エステートプラン

不動産売却物語

Vol.212
直方店
相続や空家

名義人の代わりに空き家の売却をしたい。売却手続きと費用について教えてほしい。

【お客様の背景】
売買の別:戸建の売却
氏名:S・L様
年代:50 代
ご職業:会社員
お住まいの地域:田川市
ご相談の地域:田川郡大任町
売却理由:お住替え
お問い合わせ方法:ホームぺージ
売却方法:買取

【ご相談内容】
街の方へ引っ越したため、元の大任町の住まいは空き家にしています。ご近所の方の迷惑にならないうちに売却したいと考えており査定額が気になっています。現在の所有名義人が父なのですが、体調がおもわしくなく、外出することが出来ません。息子の私が窓口となり売却を進めることはできますでしょうか。売却した際に多大な経費や税金が掛かったりしないか不安に思っており、相場で売れた場合の手残り金額など、細かくご教示いただきたいです。

【ご提案した解決策】
売却に関しては、名義人ご本人様の売却の意思確認及び本人確認(接見)が必要になります。査定自体は、いつでも行うことは出来ますし、ご子息が売却相談の窓口にもなることも可能ですが、売却の最終段階では、どうしてもご本人様と司法書士の面談が必要となります。生前贈与という選択肢もありますが、贈与税など余分な出費がかさむため、意思確認が出来る状態でしたら、登記名義人がお父様のままで売却を進めることをおすすめしました。もしお父様が動けない場合でも、弊社提携の司法書士がご訪問し、ご本人様確認・意思確認をすることも可能であることをご説明しました。

【担当営業として大切にしたポイント】
査定時には概算ですが必要経費を記載して、手残り金額等の試算も行うことで、安心していただけたと思います。不動産売却は、慣れないことだと思いますので丁寧にわかりやすい説明を意識しました。

この記事の著者

直方店河島 篤樹

その他の不動産売却物語

PAGE
TOP