北九州の不動産売却・査定 | 株式会社エステートプラン

不動産売却物語

Vol.154
直方店
不動産の買取

犬猫による内装の劣化がある家でも、買取は可能でしょうか?

【お客様の背景】
売買の別:戸建の売却
氏名:E・K 様
年代:50代
ご職業:会社員
お住まいの地域:東京都港区
ご相談の地域:北九州市八幡西区
売却理由:資産処分
お問い合わせ方法:ホームページ

【ご相談内容】
3年程前に東京へ転勤になり、自宅を空家にしておくがもったいなかったので賃貸物件として貸していました。先日入居者が退去したので久しぶりに家の中を確認したところ、劣化がひどく修繕にもお金が掛かるので、思い切って売却することを考え始めています。
賃借人が室内で犬猫を飼っていたこともあり内装がかなり傷んでいますが、買取してもらえるものでしょうか。

【ご提案した解決策】
お家を確認させていただきましたが、ご相談者様からあったお話の通りペット飼育による内装の劣化が多くみられる状態でした。買取をご希望されていたので、売出し前のリフォームが必要になることを前提として、買取の価格をご提示することとしました。
今回のように建物内外に酷い劣化が見受けられる状態でも、買取できる場合がございます。買取に限らず委託販売でも売却方法をご提案しますので、売れづらいのではないかと心配な物件をお持ちの方はぜひ一度ご相談いただければ幸いです。

【担当営業として大切にしたポイント】
査定から全ての手続をスムーズに行い、ご納得いただける価格と限られた期間を考慮し、対応するようにいたしました。

この記事の著者

直方店片岡 誠天

私はお客様が大切にされている価値観に気づき、共感する感性を大切にすることで安心してお取引頂けるように努めております。不動産に関することで何かお役に立てることがございましたらお気軽にお声がけ下さい。

その他の不動産売却物語

PAGE
TOP