マンションの管理費・修繕積立金って何に使われているのでしょう?

マンションをご購入して住む場合、毎月管理費と修繕積立金という費用が掛かります。それらの費用はマンションを維持するために使われております。今回はそれらの使われ方についてご説明いたします。

 

管理費

マンションの通常の維持・管理のために使われています。(エレベーターなどの維持・理のための費用、共用部分の光熱費や清掃費など)

管理は管理組合が行います。管理組合とは住民の方々全員のことです。ですが、実際の業務を行うのは困難なので、管理会社に委託しているケースがほとんどなのです(管理員の方は管理会社から派遣されている人です)

 

修繕積立金

将来マンションの修繕のために使われます。(外壁の塗り替え・給水管の取替え・建物の防水工事など)

各マンションによって長期修繕計画案というものがあります。そこで何年後に修繕するといった内容が確認できますし、将来修繕費が値上がりするかしないかといった内容も確認できます。

 

エステートプランでは、お客様のご希望の物件をご紹介する際、地域専門だからこそできる、各マンションの特性(管理員の人柄・修繕計画の概要)も皆様にお伝えしております。

カテゴリー: スタッフブログ パーマリンク