マンションの管理組合は何をする組合?

分譲マンションを以前購入された方や、賃貸で分譲マンションに住んだことのある方にはなじみ深いかもしれませんが、分譲マンションを購入したら必ず入らなければいけないのが、「管理組合」です。マンションの管理は管理会社が行なうものだと思いがちですが、「管理会社に業務を一部委託しているだけ」で、実際にはマンションの所有者の集まりである、「管理組合」がマンションの管理を行うのです。

 

◆管理組合が行なう事

清掃やエレベーター・ポンプなど機会設備のメンテナンス、管理費などを所有者から集めたりする出納業務、防犯・防災意識の向上、管理会社との折衝業務などを行います。

⇒通常は『管理会社』に業務の一部を委託しています。

 

◆実際の業務は選ばれた理事達が行う

実際に業務を行なうのは、管理組合の中から選ばれた数名の理事の方々です。マンションを国としたら、管理組合は国民、理事会は国会のようなイメージです。

⇒理事会は通常任期があり、長年住んでいる場合は何かしらの役員になるケースが多いです。

 

◆運営は管理規約に基づいて・・・

マンションの各種ルールについては、「管理規約」で決まっています。そしてこの管理規約は年数が経つごとに改定されていきます。そのため、今後の方針などは管理規約に基づき決定されていきます。

⇒各種決まりごとが記載されているので、購入前に必ず管理規約の確認を!

 

リフォームについての決まりごとなどは管理規約に記載されています。またペットのことやその他もろもろのことも記載されています。せっかく購入したマンションでスムーズに生活するためにも、管理規約や管理組合のことは、エステートプランスタッフに必ず確認しましょう。

カテゴリー: スタッフブログ パーマリンク