マイホーム購入と賃貸生活、どっちがお得なの?

今回のテーマは住まいをめぐる永遠のテーマですが、『売買か賃貸か果たしてどちらがお得か?』は一概には言えません。生活スタイルや将来設計によってお得度が変化してしまうからです。そこで今回はいくつかの項目を挙げて、比較してみましょう。

 

~購入VS賃貸、七番勝負~

一本目のお題:月々の住宅費は?

購入⇒住宅ローンの組み方次第で、自分の生活に合った無理のない金額に設定することができます

賃貸⇒大家さんが家賃を設定しますので自分の生活に合わせた金額にすることはできません

勝敗:購入

 

二本目のお題:万が一の場合は?(率直に言うと、亡くなった場合)

購入⇒住宅ローンを組むと団体信用生命保険に加入しますので、万一の場合にはローンが全てなくなります

賃貸⇒万一ご主人が亡くなられて収入が途絶えても、残された家族は毎月の家賃を払い続けることになります

勝敗:購入

 

三本目のお題:災害の時は?

購入⇒災害に対する保険に加入していなければローンだけが残ります

賃貸⇒災害などで建物が壊れても、違う部屋を借りるだけで問題解決します

勝敗:賃貸

 

四本目のお題:収益面は?

購入⇒将来賃貸に出して賃料収入を得ることもできます

賃貸⇒家賃は何年住んでいても帰ってこない掛け捨ての住宅費用です

勝敗:購入

 

五本目のお題:住み心地は?

購入⇒その時々のライフスタイルに合わせてリフォーム等を自由に行えます

賃貸⇒自分のものではないのでリフォーム等を自由に行うことはできません

勝敗:購入

 

六本目のお題:利便性は?

購入⇒立地条件の良い場所は値段が高いのである程度の妥協が必要です

賃貸⇒幅広い選択肢がありますので、自分の条件に近い場所が選べます

勝敗:賃貸

 

七本目のお題:安心面は?

購入⇒老後収入が途絶えても「衣・食・住」の内の「住」が確保されます

賃貸⇒老後収入が途絶えても一生家賃を払い続けます

勝敗:購入

 

今回の勝敗は5:2で「購入」に軍パイが上がりました。

利便性を考えると賃貸ですが、安心面では購入の勝ちです。団体信用生命保険の制度は、住宅ローンを組むことによって得られる大きなメリットだと言えます。

カテゴリー: スタッフブログ, 未分類 パーマリンク