不動産購入時の手付金と頭金、似てるけど違いは何?

手付金も頭金も、マイホームを買うときに支払う現金という点では同じですが、その意味はまったく違います。頭金が「売買代金のうち現金で支払う部分(残りは住宅ローン)」を指すのに対し、手付金は「契約後にキャンセルする場合、相手に払う迷惑料」といった意味を持ちます。

〇手付金について

1.手付金は物件価格の10%~20%

手付金の金額は、購入申し込み時に買い主様と売り主様で話し合って決めます。多くの場合、売買代金の10%~20%が一般的のようです。

2.購入・売却のキャンセルがあった場合は、買主のキャンセルは手付金が売主に渡り戻りません。売主のキャンセルは手付金の2倍のお金が戻って来ます。

カテゴリー: スタッフブログ パーマリンク