不動産を購入する際に団体信用生命保険を使って予算アップする方法

住宅ローンを組まれると、団体信用生命保険という生命保険に加入することになります。この保険は、借り入れされた方が万一亡くなられた時、借入金が全て生命保険で支払われるというものです。この保険によって、住宅ローンの残債が支払われますので、残されたご家族もマイホームが残り、安心して暮らせるのです。

ここで考えてみてください。団体信用生命保険に加入して、マイホームをご購入されるということは、新しい生命保険に加入されることと同じということになりますよね?そこで、現在生命保険に加入されている方は、月々の掛け額を見直されてみてはいかがでしょうか?現在払っている月々の生命保険料を減らして、その分を住宅ローンに充当する事により、購入の予算を上げる事もできるんです。

(実用例)

生命保険を見直して、月々1万円浮いたとします。そして、その浮いたお金を住宅ローンの返済分に当ててください。

金利1%で返済期間35年の場合、月々1万円支払った時の借入額は、約350万円になります。

この金額がそのまま予算に上乗せできるのです。

カテゴリー: スタッフブログ パーマリンク